Let's Encrypt Public beta rate limits2015/12/22

  • Public beta rate limits
    • Rate limit on registrations per IP is currently 10 per 3 hours
    • Rate limit on certificates per Domain is currently 5 per 7 days

arpwatchのethercodes.datを更新2015/05/18

  • 取得
fetch http://standards.ieee.org/regauth/oui/oui.txt
  • 変換
grep ' (base 16)' oui.txt \
	| expand \
	| sed 's/(base 16)//' \
	| sed -e 's/  */ /g' \
	| cut -c2- \
	| sed -e 's/ /#/' \
	| awk -F\# 'BEGIN {CONVFMT="%x"} \
		 {a=tolower(sprintf("0x%s",$1)); \
		h0=a/65536;h1=(a/256)%256;h2=a%256; \
		printf("%x:%x:%x\t%s\n",h0,h1,h2,$2)}'\
	| sort > ethercodes.dat.new

無駄な所もありそうですが、これで変換できます

FreeBSD 10.1でApache Traffic Server 5.2.12015/04/22

ソースからコンパイル

1,必要なパッケージのインストール

pkg install gmake perl5 pcre tcl85 libxml2 openssl

2,ソース展開

fetch http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache/trafficserver/trafficserver-5.2.1.tar.bz2
tar xf  http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache/trafficserver/trafficserver-5.2.1.tar.bz2

3,configure

 ./configure --localstatedir=/var \
   --with-libxml2=/usr/local \
   --with-openssl=/usr/local \
   --with-pcre=/usr/local \
   --with-xml=libxml2 \
   --disable-silent-rules \
   --enable-cppapi \
   --with-user=www \
   --with-group=www \
  CFLAGS=-fstack-protector \
  CXXFLAGS=-fstack-protector

4,gmake install

参考:公式日本語ドキュメント

ソースに127.0.0.1がハードコーディングされているのでjailで不便

Growl 2.0.1をFreeBSDで取得2013/07/06

Growl 2.0.1をソースからbuild

  • FreeBSDでソースを取得
    • mercurial-2.6.2
    • git-1.8.3.1
    • subversion-1.7.9_1
      • subversion-1.8.0_1ではダメだった

build方法はHow to build Growl 2.0.1 from source on Mountain Lion 10.8.2

デベロッパサイトからPackageMakerの入手が必用

squid 2.7/3.2のメモリ使用量2013/04/20

ほぼ同一の設定によるメモリ使用量

  • squid-2.7.9_3
 PID USERNAME  THR PRI NICE   SIZE    RES STATE   C   TIME   WCPU COMMAND
3032 squid       1  44    0 10668K  4724K kqread  1   0:00  0.00% squid
3030 squid       1  76    0  5548K  1940K wait    1   0:00  0.00% squid
3033 squid       1  76    0  1548K   520K piperd  1   0:00  0.00% unlinkd
  • squid-3.2.9
 PID USERNAME  THR PRI NICE   SIZE    RES STATE   C   TIME   WCPU COMMAND
3700 squid       1  44    0 20612K 11832K kqread  1   0:00  0.00% squid
3701 squid       1  76    0  4512K  1440K sbwait  1   0:00  0.00% log_file_
3702 squid       1  76    0  4512K  1412K piperd  0   0:00  0.00% unlinkd
3698 squid       1  76    0 11396K  6784K wait    0   0:00  0.00% squid

約3倍の使用量

参考: ports/177773;[patch] www/squid: vendor fix for CVE-2012-5643

squid-2とsquid-3.1の速度比較(2)2012/08/19

squid-2.7.9とsquid-3.1.20の速度比較

cossを使用しなければsquid-3も候補になった

Apache Traffic Server(3)2012/08/18

3.2.0を使用してみた

  • 通常のproxy
  • 設定
CONFIG proxy.config.reverse_proxy.enabled INT 0
CONFIG proxy.config.url_remap.remap_required INT 0
  • header_filter
    • ヘッダーの制御がプラグインで可能になっている
  • 速度(デフォルト設定)
    • squid 2.7と比べてやや早いような気がする
    • デフォルト設定値の違いが出ているだけかもしれない。
  • 問題
    • CPUの使用率が常時90%と高い(acceptだから?)

一度試してみるぐらいの価値は出てきたと思う。

ドキュメントはとりあえずは十分に整備されてきている。

BRadikoでラジオNIKKEI第22012/07/27

BRadikoでラジオNIKKEI第2を聴くのAppleScript (どのバージョンでも動作可能)

tell application "BRadiko"
	activate
end tell
delay 2
tell application "BRadiko"
	activate
	set radioStation to "RN2"
end tell

Mountain Lion(10.8)でiCalとBRadikoとの連携方法も参考にしてください。

対応アプリケーションは、もう少し確認してから公開します

nDock 0.12.12012/07/06

Nagiosの状態を監視してDockに表示

nDock(Ver. 0.12.1)配布先

sa-learnで学習させても、BAYES_??の判定しない2012/05/31

  • p5-Mail-SpamAssassin-3.3.2_6
  • FreeBSD 8.3
  1. sa-learnで学習させる
  2. 学習させたメールをspamassassin -x -D -tで確認
  3. 結果にBAYES_00等なにも出ない
  • デバッグモードで確認すると学習はされている
    • 二度目の学習は拒否される 昔の学習データだと問題が出ない。

情報があったら教えて下さい

Google Analytics使用