BBrowser0 0.00.04 部品として使用する高速軽量な最小機能のブラウザ2015/04/12

テキストブラウザ以外では一番軽量高速?

変更点

  • アイコン変更
  • 自動バージョンチェックを通知に対応
  • 終了時にクラッシュする場合があるのを改善
  • 2種類のアプリ
    • 10.6以降版(Intel,32bit/64bit,Xcode6でコンパイル)
    • 10.5以降版(PPC,Intel,32bit/64bit,Xcode3でコンパイル)
      • Zip圧縮してあります、10.6以降用アプリを消去してください

BBrowser0配布先

システム環境設定->通知->BBrowser0が通知パネルになっている事を確認してください

BNicoAlertでサポート外のブラウザを起動する方法2015/04/12

AppleScript経由でBBrowser0を起動する例

1、ホームディレクトリにbinという名前のフォルダを作ります

2、そのフォルダにスクリプトエディタでBrAppleScript.applescriptを作ります

(テキストで書き出してください)

on run argv
	set urlstr to item 2 of argv
	tell application "BBrowser0"
		activate
		set openURL to urlstr
	end tell
end run

3、BNicoAlertのブラウザでBrAppleScript.applescriptを選択

4、選択後に出たアラートがスクリプト経由で起動します

・スクリプトを入れるフォルダはBNicoAlertの設定、その他で指定できます

BNicoAlert 00.07.05 ニコ生・ツイキャス・USTREAM用アラート2015/04/16

変更点

  • スリープ復帰時にクラッシュするケースを修正
  • コメビュHakumaiを追加
  • ニコ生用ブラウザにBBrowser0を追加
  • ニコ生でパスワードに&があるとログイン出来ない問題を修正

BNicoAlert配布先

通知センタのデータ2015/04/19

OS X 10.10

cd `getconf DARWIN_USER_DIR`/com.apple.notificationcenter/db

それ以前

cd ~/Library/Application Support/NotificationCenter
  • 通知の動作のbug?
    • 32/64bitを切り替えても最初の方で起動する
    • 32bitで起動する、は無視される
    • 子プロセスから起動すると変?

USキーボードでキーを押しっぱなし2015/04/19

$ defaults write -g ApplePressAndHoldEnabled -bool false
  • U.S Extendedではリピートする

pkgで複数リポジトリを使用2015/04/21

pkgで複数リポジトリを使用

  • pkg V 1.4.3以降
  • pkg. example.jpを優先、なければ/etc/pkg/FreeBSD.confを使用
  • /usr/local/etc/pkg.confに追加
CONSERVATIVE_UPGRADE: yes
  • /usr/local/etc/pkg/repos/pkgPrivate.conf
Private: {
	url: "pkg+http://pkg. example.jp/FreeBSD:8:i386/latest",
	enabled: true,
	mirror_type: "srv",
	priority: 1,
}
  • pkg -vv で確認
  • pkg <command> -r <repository>でリポジトリを指定して実行
  • searchでrepositoryも表示
pkg search -Q repository <pattern>

FreeBSD 10.1でApache Traffic Server 5.2.12015/04/22

ソースからコンパイル

1,必要なパッケージのインストール

pkg install gmake perl5 pcre tcl85 libxml2 openssl

2,ソース展開

fetch http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache/trafficserver/trafficserver-5.2.1.tar.bz2
tar xf  http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache/trafficserver/trafficserver-5.2.1.tar.bz2

3,configure

 ./configure --localstatedir=/var \
   --with-libxml2=/usr/local \
   --with-openssl=/usr/local \
   --with-pcre=/usr/local \
   --with-xml=libxml2 \
   --disable-silent-rules \
   --enable-cppapi \
   --with-user=www \
   --with-group=www \
  CFLAGS=-fstack-protector \
  CXXFLAGS=-fstack-protector

4,gmake install

参考:公式日本語ドキュメント

ソースに127.0.0.1がハードコーディングされているのでjailで不便

FreeBSD 8/9でunbound2015/04/26

  • FreeBSD 8.4で確認
    • メモリが1/4で動作
  • ローカルゾーンのみのサーバ
  • 入れたパッケージ
    • unbound-1.5.3_1
    • ldns-1.6.17_3(ldns-read-zoneのため)
  • FreeBSD10.1の/etc/rc.d/local_unboundを入手
  • 設定
# cp -r /usr/local/etc/unbound /var/unbound/
#  ldns-read-zone \
	/var/named/etc/namedb/master/rev192.168.zone \
	| awk '{printf "local-data: \"%s\"\n",$0}' \
	> /var/unbound/conf.d/rev192.168.conf
先頭に
local-zone: "168.192.in-addr.arpa.” static
を追加
CNAMEはAに変更
  • unbound.confのディレクトリ関連
        directory: /var/unbound
        chroot: /var/unbound
        pidfile: /var/run/local_unbound.pid
  • /etc/rc.confを修正、bindを停止
named_enable=“NO"
local_unbound_enable="YES"
Google Analytics使用